この日記、気に入っている。
真っ白に、文字だけ。
やっぱり写真はないほうがいいなぁ、よっぽどじゃないと。
NATURA写真は「日々のかけら」に載せるし
ここは、文字中心がいいな。
頭ん中って感じがして。
文字数も気にしなくてよくなったのがうれしい。
 
わたしは割と、自分の書く文章が好きなので
(そういうふうに書いているわけなのだけど)
何度も読み返したりする。
たまに暗かったりもするけど、書くことで落ち着いてるような。
 
ツイッタじゃなく、ここに、いろいろ書きたい欲が復活。
 
 
もう二度と、あんな気持ちになれないんじゃないかと思うのは
わたしが、変わってしまったからだと思う。
 
もうあんなふうに、まっすぐに、言葉を受け止めることが
できなくなってしまった気がしているのだ。
あんなに素直にうれしいとは、思えない気がしている。
 
「疑ってかかるのは悪いことじゃない」と誰かが言ったけれど
でも、疑ってしまうのはちょっとかなしい。
 
全力で喜んで突っ走って、全力で転ぶのがこわいんだろう。
転ぶかどうかもわからないのに。
 
だから余計にまぶしく思えるんだろう。
 
もう二度と戻れないって、響きもせつなくって
なんだか心が惹かれてしまう。
とんでもなく美しいものに思えてしまう。
 
戻りたいというよりは、ああいう純粋な気持ちを取り戻したい。
 
ただ、良くも悪くも純粋なので
落ち込んだりも激しかったけれど。
そこは、要らないなぁ。
 
ちょっと乾いた感傷に浸るのが好きなんだなぁ、きっと。
本気の感傷はつらいけど。