夜中に目が覚めた。
電話が鳴ってる。
朝の、母からのモーニングコールかと思ったら違った。
みっちゃん恋愛史では有名な?男の子からだった。

もしもし、と出ると、寝てた?と彼は言った。

イベントに行くよ、と、彼は言ってくれていた。
バッタリ下北で会った時も、何日だったっけ、と聞いてくれた。
でも来なかったので、仕事忙しいのかなーって思っていた。

したら、来れなかった理由を教えてくれた。
大変なことになってた・・・。
仕事が忙しいだけだったらよかったのに。

行きたかったんだけど、と言ってくれた。
べつに、来なかったことを責めようなんて全く考えてないけど、
そう言ってもらえるとうれしかった。
わたしの好きなバンドのライブ、観てほしかったなー
スライドショーも。

また落ち着いたら連絡する、と言われたので、
「連絡するって言ってみんな連絡くれない」と、愚痴を言う。
そしたら「いや、ちゃんとする」と言うので、
わたしは「うそだよ、」と笑って返した。

そういえば1年前のGWに、彼の家(でやっているバー)に遊びにいった。
好きだったひとと。
そして、そのときわたしは最悪だった(苦笑)。
明け方、駅までの道、説教された。すんごい恐い顔で(笑)。
何しに来たの?って。

6月だったか、「もうダメそう」て言ったら
「うち来たときもうダメだったじゃん」て言われた(笑)。

9月に、久しぶりにそのひとに会えて、別れ際、もったいなくて、
うだうだやっていたら、彼にバッタリ会った。
彼らは、キャバクラの話で盛り上がっていた。

なんかな。
こうやって思い出を書いて、言いたいことがあるわけじゃないけど。

不思議だよな。
一時はね、絶交しかけたので。
今、たまにしか連絡しないものの、仲良し。
不思議だ。
一番最初に会ったのは、18のときだったもんな。
それも超ネガティブ期(笑)

わたしには、恋じゃないけど大切な男の子がたくさんいる。
ダメですか。



もやしを買ったらまるまる1袋家にあったというオチで、
仕方ないので、家にあった1袋とキャベツ少々を
レンジであっためて温野菜、という、エサみたいな夕食。
でもお腹いっぱいだし、おいしかったし、安いし、
こりゃーam.pmの食物繊維サラダ買ってる場合じゃないな。
ところでもやしって栄養あるの?

さて、作業でもしよう。

なんで明日は天気悪いんだろう。