そして君とテレビでも。

みっちゃんは勝手だ。
もうねー 自分で呆れる。
難しい人だ、みつるマスターなんて
この世に存在しない。

ほっとけと言う。
で、ほっといたらごねる。
本当はかまってほしい。

欲張りなのだ。
もっと、もっと、って思ってしまう。

贅沢は敵です。

いつかの誰かさんは、それはそれはやさしくて
わたしがそれに気づいたのはずいぶん後。
どうしてあのとき、ありがとうって言えなかったんだろう。

後悔してもどうしようもないよ
だってドラえもんはいないんだもの、過去には戻れない。
だから未来を変えなきゃ

相手を変えようと思うな
自分を変えろ

素直に、気持ちが言えたらなぁ
何も恐れずにさ

居場所を作ってくれてる人に感謝したいけど
でも、結局それじゃ満たされないのだ。
欲張りなのかな
だってさ、君はわたしの特別じゃないんだもの

ははは
なんだかこれじゃ、わたしが誰かをもてあそんでるみたいですね
そんなことはまったくないよ
ただの妄想 でもないけど
詳細は、あなたのご想像にお任せします。うふ